2021/04/17

ネズコ食われる

 今、頼まれた土物を仕上げるために場所を借りているのだが、その工房は木造のプレハブっぽい作りで、屋根裏に大きなネズミ一家が住み着いてる。

たまに天井近くの棚を縦横無尽に走り抜けて行ったり、頭上で足音がしたり、埃がハラリと落ちてくるが、こっちに来るわけでもないので、仮暮らしの同居人として、レミーと密かに名付けて、あまり気にせず私は自分の仕事をしている。

今日、また屋根裏でゴトンっと音がして、音がした方へ振り返り棟木の方を見上げたら、今まで見たことなかったホースのようなものが屋根裏からたわんで垂れ下がっていた。

レミーが走り回って配線の束でも落としちゃったのかなと思って、ロクロの続きをしていた。

あの落としたホースはレミーが綱引きみたいに引き上げないとそのままになるなぁ、など、ロクロをしながら呑気に考えていた。

すると今度は頭上をタタタッと走り抜ける音とともに、後ろで何かがポトっと落ちてきた音がした。何事かと振り返ると、天井裏の断熱材の小さなカケラと共に5cmくらいの明らかに子供のネズミが床に着地し、閉まっているドアの方へ必死に逃げていった。

さすがに、3mくらいの高さから落下してきたので、びっくりしたが、愛らしい姿だったので、
「ネズ子や、どうした? 外に出たいのか?」と話しかけながら、ドアを開けてやるが、ネズ子は動揺しすぎて、外とは逆方向の物陰へ走り去っていった。

ネズ子が落ちてきた棟木のあたりの隙間の暗がりを見上げると、隙間から白い三角の喉元みたいなのが見えたので、落下した子供をレミーが心配してみているのかな…とか考えていた。

画像1

その後、また気にせず作業していると、ネズ子は動揺しすぎて何度か床を走り過ぎ、その度にこちらも多少驚くものの「ネズ子は、上に戻れないのか?」など一人で話しかけていた。

そのうち、上の方に上がっていく音がして、ネズ子は屋根裏に戻れたのか、と安心していたら。

また、天井でタタタタッと走る音がして、しばらくすると静かになった。

そうか、ネズ子は親元に帰ったんだな。よかったよかったと思ってそのまま1時間くらい過ぎたあたりで、粘土を運びながら、棟木の配線のホースが垂れ下がっていたあたりに何気なく目を移すと、ホースがなくなっていた。
レミーたちが引っ張ったのかなと少し驚いてしばらく見上げていたが、音沙汰もないので、また仕事を続けていた。

だが、ロクロをしながら考えていたが…

ホースだと思っていたものは蛇ではないか…

ネズ子を上から見ていた喉元はその蛇のもので、食われそうになって必死に逃げていたのではないか…

いや、そもそもレミー一家は全員丸呑みされているのではないか…

星の王子さまの冒頭のゾウを飲み込んだウワバミのイラストが思い出された。

画像2

数日経ったが、その後、ネズミを一回も見かけていない。

画像3

家族全員が同じ蛇の中でゆっくり消化されていくのは、不幸中の幸いかもしれない…
…と、思うことにした。


2021/02/01

グループ展『お雛様と吉祥のかたち展』@恵埜画廊(山形)

 久しぶりに本業の告知をする気がする…

看板ちゃた

山形市の恵埜画廊(よしのがろう)でのグループ展です。

『お雛様と吉祥のかたち展』

2021年2月4日(水)~2月21日(日)

火曜日定休

AM10:30~PM6:30(最終日PM5:30まで)

恵埜画廊

〒990-0042 山形県山形市七日町2丁目1-38

023(623)3140

http://www.yoshino-garo.jp/home.html


あぁ~山形行きたいな~

恵埜画廊のFBより↓

「お雛様と吉祥のかたち展」はじまります。春を寿(ことほ)ぎ、祭る、日本の美しやかな縁起物、人々の願いは、姿を時代に求められながら変化し、現在に至ります。
#山形#恵埜画廊 にて 2月4日(木)~21日(日)10時30分~18時30分 最終日17時30分

「子の健やかな成長を願うお雛様や兜など、節句を表わした
絵画や工芸は、暮らしを彩り、節目を祝う飾りとして大切に
受け継がれてきました。
春日大社の祭礼ゆかりの『奈良一刀彫』の立雛や兜、男児
女児問わず、子供の守り神として飾られる『犬筥』、京都有
職造花ゆかりの『花掛飾り』、また新しく『破魔弓飾り』も
加えました。更に現代作家による吉祥のかたちも華やぎま
す。 一日も早く日常が戻ることを祈念して。この機会にどう
ぞご覧くださいませ。」


2020/12/29

干支とふくねこ

 

画像1

ピアスのオンライン販売の更新すっかり忘れて放置していたけど、
委託先から在庫が返ってきたから、干支ブローチを先に出してみました。
ヒツジは売り切れで無いです。
在庫数にかなりばらつきがあり、最後の1個というのもありますが…

種類によっては柄違い色違い犬種違いなどあります。

minneの使い方が未だに怪しいので、多分販売の載せかた間違っている気がするが…とりあえず。

https://minne.com/@a-fukuchi

画像2

画像3

この人たちも返ってきたんだよな…

どうしよう…オンライン販売に載せてもあと在庫ちょっとだし…

気になる人いたら、DM下さい。

招き猫、フジさん、ダルマ

画像4

画像5

画像6

画像7

2020/10/03

『えらびとりカード』とは、要はオラクルカードってことか…

『えらびとりカード』と初めて聞いた時、単なるネット社会の今どきの流行りかと思っていた。
しかし、ネットで調べていたら、もともと西日本を中心に昔から行われていた地域的風習『物取り』や『選び取り』からきていた。
選び取りとは、初めての誕生日(満1歳の誕生日)に行うもので、本来はカードではなく実際の物を使って、子供がつかみ取ったもので、未来を占うというもの。

ただ、ネットで色々調べていたが、発祥地域やいつから行われていたものかという、起源がはっきりしない…恵方巻みたいなものかな。

どうやら韓国に同じような伝統的風習がありトルチャンチ(トル=生まれて一年目になる日、チャンチ=祝賀)というらしく、こちらは結構起源がしっかり書かれているものがあったので、もしかしたらここから来たのではないかとも思った。

医学がまだ発達していない昔、乳幼児の死亡率が高かった。そのため、1年乗り越え新しい歳を迎えられた喜びを祝うイベントだそう。

トルチャンチの由来は、中国から伝わったと記録されていて、この風習は約250年前の絵にも描かれているらしい。

そのトルチャンチの中のメインイベントで行うのが、トルチャビ。
そのトルチャビが、選び取りとまったく同じ風習だった。

日本だと西日本の風習というのも、中国や韓国から伝わった説(私が勝手に思っているだけの説)を裏付けるのではないだろうか。

と、まーそんなことは置いといて、

選び取りとは本来は実際の物を使う。
子どもの前に、そろばん、お金、筆、箸などを並べて、つかみ取ったもので、将来を占うというもの。
本来は、性質や才能を占うものだが、最近では発展して職業を占うものもあった。
とにかく、物がカードに変わってからは、バリエーションがかなり増えていた。

しかし、職業だと、ちょっとつまらないし、際限ない気がした。
私が作るとそもそも職業がかなりかたよるし…

で、本来使われていた物(意味)と最近の時代の物とオリジナルを加えて10枚のカードにしてみた。

本来は物の名前にするべきだろうが、何枚かはそうじゃないものも…絵の中に文字入りにしている。

上段左から
Dictionary(辞書):学業優秀。文才。物知り。
Sports(運動):運動神経抜群。
Ruler(定規):几帳面。大きな家を建てる。
Food(食べ物):美食家。食べ物に困らない。
Big cheese(大物):動じない性格。大物の器。

下段左から
Music(音楽):音楽の才能。パフォーマンス能力。
Calculator(そろばん):計算が得意。商才がある。
Worldwide(世界規格):インターナショナル。世界に羽ばたく。
Art(アート):芸術の才能。センスの良さ。
Money(お金):お金に困らない。

昔からあるものは、辞書(本)・定規・食べ物(箸)・そろばん(計算機)・お金(財布)。
それに、最近のカードを見ていたら、
音楽・アート・運動・バルーン(世界に羽ばたく)などが結構入っているものが多かった。
で、あとは特技としてよく寝るので、『大物になる』カードを作った。

ちなみに絵の中には、ピンクのタオル(又はリボンなどに加工されたピンクのタオル)が必ず入っているが、これは生まれた直後から肩身離さず常に傍らに置いている”ライナスの安心毛布”的なものがあって、それです。
洗濯などでちょっとでも手元から消えると大泣きするお気に入りタオルで、愛用しすぎて無理やり洗濯しても、もう薄汚れている…

ちなみに、withちゃた。笑
猫のちゃたも何枚かお供している。


私なら、普通にこれかな…
アートの方の服とか結構かわいいでしょ。お洒落さんってことで、ローズとパープルのマーブルのベレー帽、ラベンダー色のスモッグ、タイツがライトグレーにレモンイエローのドット柄で、靴はディープパープル。笑

ここまで作って思ったけど、あぁこれってオラクルカードだよね。
生まれて初めてするオラクルカードってわけだ。

顔と輪郭線描く前の方がデザイン的でかわいい気もするけど、こういう顔なしのイラスト描く人いた気がする…

陶芸の上絵の場合、輪郭線描いてから色を塗っていく塗り絵方式なんだけど、紙に描く場合は色塗ってから、輪郭線を最後に書くという順番になる。

とにかく、お金にならないことばかりに力を注いでいる気がする…
これ、売れたらいいのに…









2020/09/17

オンライン展示販売のお知らせ


RUKUSのアーティスト/デザイナーTommyが素敵なオンライン企画展に呼んでくれました。
Tommyが繋げてくれた、個性豊かすぎる素敵なアーティスト、クリエーター、パフォーマーが勢揃い

ジュエリー、ボディケア、グッズ、ファッション、、アート、イラスト…そして、ミュージック、タロット、セッション、ヨガなどもあります!

おかげで、6ヶ月前くらいから途中のままだったオンライン販売サイトを完成させることができた…ケツを叩かれないと、いっこうに出来ないダメな人です。。。

ネット販売初心者すぎて、どうなることやらだけど、とりあえず、やってみるだけやってみます。

ということで、
イベントサイトはコチラ → http://kirakira.online/

ここからもいけますが、私のサイトはコチラ → https://minne.com/@a-fukuchi


※また、9月17日~30日までのイベント期間中に参加ブランドの商品購入やワークショップ等に参加いただくと、お支払金額の10%(九州豪雨の被災地支援へ5%と医療従事者の支援団体へ5%)を寄付させていただきます。







以下、Tommyのイベント詳細のコピーです。

↓↓

2016年のイベントを最後に活動を休止していました、KIRAKIRA TOKYOですが、

 

「日本でモノづくりをしているアーティストやブランドの活動を応援したい」


そんな想いから

9月17日~30日までの14日間、

オンラインイベント KIRAKIRA ONLINEをスタートすることになりました。

 


KIRAKIRA ONLINEの初回は

30ブランドによる開催となります。


サイト内では

・出展ブランドの商品購入

・ヨガ、瞑想、占いなどのワークショップ

に参加いただけます。

 


そして、この14日間のイベント期間中に

参加ブランドの商品購入や

ワークショップ等に参加いただくと


お支払金額の10%を寄付させていただきます。


寄付先の詳細は以下になります。

・九州豪雨の被災地支援へ5%

・医療従事者の支援団体へ5%


この機会にオンラインストアへお立ち寄り

頂けたら嬉しいです。


主催する自分も、

ウェアやジュエリー、そしてアート作品など


新作を用意してお待ちしています。


【無料イベントへの参加方法】

イベントページの参加ボタンを押していただくと、

開催期間中に限りKIRAKIRA ONLINEの会場(ショッピングサイト)へと繋がるようになります。 


https://facebook.com/events/s/kirakira-online/326316638813642/?ti=icl


2020/08/25

納涼怪談きもだめし

残暑お見舞い申し上げます。
納涼で怖い話でもしようかと思う。
この話をしてくれた人、もしダメだったら連絡ください。
ってもう書いちゃうけどね。
怖いもの知らずで肝試しが趣味という、私には理解不能な趣味を持つ知人と、ある夏の夕食後に怖かった時の話を聞くことになった。
彼は廃屋から樹海まで様々な場所に肝試しに出かけて行き、本物の死体に遭遇してしまい警察にものすごく怒られたこともある、やんちゃな少年のような悪い成人男性である。
(以下便宜上、彼をTとしておく)
一番怖かったのは、本物の死体を見つけた時だけど…と断った後で、話始めたのだが…
その日も地元の悪友2人(以下KとS)と、有名な心霊スポットに行くことになった。
夜中に待ち合わせをしてバイクで向かった先は、神奈川で有名な、とある廃病院。
割と大きな病院で、廃墟になってから随分とたつので中は荒れていたし、医療ミスで亡くなった患者の霊や自ら命をたったモノの霊などが出るという心霊スポットとしても知られていたが、昼間は悪戯で忍び込む人間もいたらしく、心霊スポットとして相応の雰囲気はあるところだった。
建物付近にそれぞれバイクを停めて、懐中電灯を片手に、壊されてできた抜け穴から敷地内に入った。
Tを含めた3人の内のKだけが、入る前から少し怖がっていたらしいが、やめるそぶりもみせなかったし、せっかく来たので、そのまま3人で入ることにしたらしい。
外の光もわずかしか入ってこない、静かな建物は彼ら以外物音もなく真っ暗だった。
懐中電灯を持って照らす先だけが闇を消しさり、落書きされた壁、壊れた棚や割れた窓などピンポイントに浮かび上がらせるが、それ以外は深い闇の中だったし、懐中電灯の光のコントラストで余計にすぐ先の闇が真っ黒に見えるようで、その中に大きな何か潜んでいる気さえするのだった。
Tとしては肝試しは慣れていたし、Kのこともあったので、3人で話しながら奥へと進んでいった。彼らの話し声以外は、割れたガラスや砂利を踏む自らの足音だけが、壁伝いの小さな反響とともに真っ暗な闇に吸い込まれていった。
そして、口をつぐみ立ち止まると、その静けさに別の足音が聞こえてくるような錯覚さえした。
いくらか進んだところで、TとSが先頭になり、少し怖がっていたのでKはそのすぐ後ろを歩く感じの配置になっていた。
そして、しばらくすると、いつの間にかKが会話に入ってきていないことに気づいた。
「おい、K、大丈夫か?」
と立ち止まり振り向くと、Kは俯いてガタガタ震えていた。
先ほどまでの様子とあまりに違うので、冗談だと思って、
「何だよ、脅かすなよ。」
と笑いながらKに懐中電灯を向けると、
俯いた顔から覗く額にびっしりと汗をかいていた、尋常じゃないと気づいたTとSは、
「おい、本当に大丈夫か?」
とガタガタ震える肩を掴むと、Kがそろそろと汗だくの顔を上げた…

ここでTは、私に向かってこんなことを言った。
あのさ…よくホラー映画で白目部分が無くて目が真っ黒の黒目だけにする特殊メイクあるでしょ、
あれって、本当に起こるんだよね…
目が充血しすぎるとさ、本当に全部黒目に見えるんだよ…

懐中電灯の先でガタガタ震えながら脂汗を流すKの顔は血の気がなく蒼白で、目はまさに黒目だけの目をしていた。
助けて…
それを見た途端、背筋が凍り、TとSは反射的に悲鳴と共に走り出した。
とにかく、外に出ないと本当にやばい…と思った。
Kが後ろからついて来てるかどうか気にする余裕もなかった。
とにかく闇雲に外を目指した、外への扉を見つけ、慌てて抜けるとそこは病院の小さな裏庭だった。
ずっと後ろの方から、待ってーと、Kの悲痛そうな声が聞こえてきたが、足を止めることができず、裏庭を抜けようとした瞬間、
行く先を遮るように目の前に白いモノがスーッと現れた。
白い服を着た髪の長い女だった、ここまではっきりと見えたことはなかった
あまりの恐怖に、女をしっかり見ることもできず、とにかくここはやばい…と反射的に踵を返し、裏庭を抜け入ってきた場所へと、とにかく走った。
敷地を抜けて停めてあるバイクのところまでいく。
敷地を出たことでやっと少し冷静になり、周りを見るとSもちょうど走り出てバイクのところまでたどり着く。
Kは…?
Kのバイクはそのままである。
とりあえず、敷地から離れなければという恐怖と危機意識と、Kを置いてきてしまったことへの罪悪感と心配とで、すぐ逃げることができる位置で、尚且つ敷地の入り口が見わたせるところまでバイクに乗って少し距離を取ることにした。
しばらくすると、もつれるような足取りで、Kが出てくるのがわかった。
ホッとして、2人でKを迎えに行こうとした。
だが、遠目から見ても明らかに足取りがおかしかった。
よろよろと、そしてつんのめりそうになり立ち止まる。
やっとのことでKは自分のバイクまでたどり着き、そして先に出たTとSを探すわけでも無く、バイクに乗ろうとして、ヨロヨロとして倒れ、起き上がり、また乗ろうとして倒れを繰り返していた。
まるでバイクの乗り方を忘れた様に見え、その光景はとても異様に見えた。
TもSも、その不気味な光景に近づくこともできず、その場からKの名を大きな声で呼ぶが、Kは上の空でこちらを見ようともせず、初めてバイクに乗る時みたいに乗り方の練習をしている様だった。
そして、バイクにまともに乗れる様になると、そのまま2人に声もかけずに走り去ってしまった。
TもSも、異様な光景を目の当たりにしつつも受け入れられず、現実的な理由として、Kは自分たちに怒って帰ってしまったのではないかと思い込もうとした。
翌日、Tの元に電話がかかってきた。
相手はKの母親だった。
Kの母「昨日、何かあったの?」
T「…Kが、どうかしましたか?」
Kの母「昨日帰ってきてから、なんだかおかしい気がして。。ま、でももともと変わったところあるから、気のせいかもしれないけど」
と冗談めかしく言っていたが、明らかに声は狼狽している様子だった。
数日して、TはSを誘ってKの様子を見に行くことにした、
Kは目の下のクマ以外は、怒っている様子もなく別段いつもと変わらない様だったが、会話の途中で時々上の空になる時があった。
長居する気も起きなく、しばらくしてから、いとまを告げると、
家の外で、Kの母親に呼び止められた、そして、言いにくそうにしながら、
「あの日以来少し様子がおかしくて…」と、様子がおかしいということ以外は具体的な話は明らかに言い淀んでいたため、聞くのも怖くてそのまま流してしまった。
「それに、すごくお腹が空くみたいで、ものすごく食べる様になったの…」
夜中に物音で気づくと、真っ暗な台所で、何か食べている時があるとのことだった…

2020/08/16

㉑参考資料の感想 (映画編)Auschwitz-Birkenau編14~その3


”㉑参考資料の感想 (映画編)Auschwitz-Birkenau編14~その1”
㉑参考資料の感想 (映画編)Auschwitz-Birkenau編14~その2の続き

『さよなら、アドルフ』(2012年/オーストラリア・ドイツ・イギリス)★

画像1
敗戦直後、それまでの常識も生活も一変し、ナチス高官の両親が出頭し、混乱と無秩序の中、幼い妹弟や乳飲み子を連れて子供たちだけで900km離れた祖母の家を目指す話。説明や台詞は少ない分、カメラの撮り方、目線や仕草や表情が、心の揺れや激しさを表現していて、胸が苦しくなる。ドキュメンタリー編で書いた『ヒトラーチルドレン/Hitler's Children』のデジャブを覚える。総統の死とともに、6人の幼い我が子を全員道連れで心中したゲッペルス夫婦を思い出してしまった。原作はレイチェル・シーファーの小説『暗闇のなかで』の中の『Lore』。

『ヒトラーの忘れもの』(2015年/デンマーク・ドイツ)★★★

画像2
終戦直後、5年間のナチスの占領から解放されたデンマークで、ナチスが戦時中に海岸線に埋めた無数の地雷の撤去を捕虜となったドイツ軍にあたらせることになった。2000人を超えるドイツ軍捕虜が150万を上回る地雷を撤去し、約半数近くが死亡または重傷を負った、その多くが地雷の扱いも知らない、あどけなさを残す少年兵だったという実話が元になっている。占領国共通のナチスへの怒りや憎しみはどこまでも深く、それを受け止めるには彼らは幼すぎる。とてもいい映画。そして、どこまでも続く白い砂浜の海岸線が悲しいまでに美しい。

『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』(2016年/チェコ・イギリス・フランス)★

画像3
ナチス占領下のチェコスロバキアのレジスタンスとロンドンにいる亡命政府によるナチス高官ラインハルト・ハイドリヒの暗殺計画(エンスラポイド作戦)の実話。
観る気が失せるくらいの酷いタイトルだが、中身は、かなり硬派な映画。

『ディファイアンス』(2008年/アメリカ)★

画像4
ナチス侵攻によるユダヤ人虐殺から逃れるため、ポーランド・ソ連国境地帯の西ベラルーシ(当時ポーランド)の森の中に入り、兄弟や仲間と共にパルチザンを作り、また多くの非戦闘員の老人や女子供を助け匿い、最大1200人のユダヤ同胞を率いたビエルスキ兄弟の実話を元に映画化。ソ連赤軍のパルチザンが、思っていた通りのロシア的な感じで良かった。Defianceとは「果敢な抵抗」の意味。

『愛を読むひと』(2008年/アメリカ・ドイツ)★★

画像5
『朗読者』が原作(原作の感想はコチラ)。邦題のタイトルが気に入らないが、原作を読んでから見たので、余計に良かった。ケイト・ウィンスレッドの肉感と表情の演技が、なんとも素晴らしい。また、原作は主人公の視点で書かれているが、映画の方は原作にはないハンナ側の描写もある。最後のニューヨークでのシーンは、映画の方が断然良かった。会話がかなり違っているので、受ける印象も全く変わってくる。原作に沿う感じで足された台詞の中に、
人は“収容所で何を学んだか“と尋ねてきます。
収容所はセラピー?
それとも、一種の大学?
…学ぶことは何もない。それだけはハッキリ言える。
(劇中の会話より一部抜粋)
これは、プリーモ・レーヴィを受けているのかとも思った。『これが人間か』のあとがき『若い読者に答える』の中から引用。
“若くしてラーフェンスブリュックの女性収容所に入れられた私の友人は、収容所は私にとって大学でした、と語っている。私も同じことを言えると思う。つまりあの出来事を生き抜き、後に考え、書くことで、私は人間と世界について多くのことを学んだのだ。
しかしこうした前向きの結果はわずかな人にしか訪れなかったことを、すぐに付け加えておこう。”
(『これが人間か』あとがきより)

『杉原千畝』(2015年/日本)★

画像6
過酷な戦争映画を観すぎたせいで、欧米のものに比べて、時代背景や切迫感が全く伝わらない映像だったが、杉原千畝の人物紹介的な意味ではわかりやすかったのかなとも思う…。個人的には、須賀しのぶ著『また、桜の国で』(感想は後日)を読んでからだと、ちょっと良いと思う。
“人のお世話にならぬよう、人のお世話をするよう、そしてむくいを求めぬよう”
(劇中に出てくる、哈爾浜学院のモットーである自治三訣。『また、桜の国で』にも何度か出てくる言葉)

『コレクター 暴かれたナチスの真実』(2016年/オランダ)★

画像7
オランダで実際にあった、富豪の美術コレクターのナチスの戦争犯罪(ポーランドでの虐殺)裁判の映画。戦後、共産圏に分かれてしまったが故の国際事件としての証拠や司法の難しさや、権力や財力による圧力、根深い反ユダヤ主義など、地味な映画だったが、面白かった。


『マイ・リトル・ガーデン 』(1997年/イギリス)★

画像8
国際アンデルセン賞受賞作家ウリ・オルレブの半自伝的小説『壁のむこうの街』を映画化。ナチス占領下のポーランドで数ヵ月間、たったひとりでナチスの目を逃れ、収容所へ連行後の廃墟のゲットーの中で奇跡的に生き残った11歳のユダヤ人少年の話。同じ様な状況下ではあるが、『戦場のピアニスト』とは異なり、圧倒的な絶望感がそれほどなくて良かった…

『Band Of Brothers(Ep1~10) 』 (2001年/アメリカ)★★★(+★★★)

画像9
これについては以前(落下傘部隊)にも書いたのだが、ポーランド関係ではないが、第二次世界大戦におけるアメリカ陸軍第101空挺師団第506歩兵連隊第2大隊E中隊の訓練から対ナチスドイツ戦勝利・終戦までを描いたドキュメンタリードラマのシリーズもの。
連合軍最大の作戦、ノルマンディー上陸作戦(D-DAY)が皮切りになるのだが、この作戦に関するドキュメンタリーをいくつか観ていると、全体の作戦計画や進行過程、様子がわかる。それにしても良く成功したな…と思うくらいに過酷で無謀な作戦であり、また果てしない犠牲のもとの勝利であった。
戦争モノに“良い作品”は、もしかしたら作るべきではないのかもしれない。戦争には何もなく、ただ傷と罪と痛みを残すだけなのだから。
それでも、大切なモノを守るためにすべてを掛けて戦争に参加した人たちがいて、それで守られた人たちも沢山いる。正義を信じて戦った人たちの存在を蔑ろにし、彼らの犠牲や想いまでを否定することなど絶対に出来ない。そう考えたときに、やはりこういう“良い”と言える作品も必要なんだと思う。
色んな意味で非常にアメリカ的作りではあるが、今のところ戦争映画の中では群を抜いて好きで、何度も見てしまう。

『Generation War(Ep1~3)』(2013年/ドイツ)★★★

画像10
原題(ドイツ語)は“Unsere Mütter, unsere Väter” (“Our Mothers, our Fathers”)
バンド・オブ・ブラザーズが、アメリカ軍(連合軍)側の視点なのに比べ、こちらはドイツ側から見た第二次世界大戦になる。
幼なじみで仲良しの5人組。ドイツ国防軍少尉のヴィルヘルム、その弟の文学好きで新兵のヴィンター、家業のテーラーを継ぐユダヤ人青年ヴィクトル、その恋人でスターになる夢を持つカフェの給仕グレタ、その親友で新米看護師として野戦病院へ志願したチャーリー。そしてヴィルヘルムとチャーリーはお互いに想いあっている関係。
ドイツの若者の視点で描かれていて、ドイツ軍が苦戦しはじめる1941年、大敗するきっかけになる対ソ連への進軍と最も過酷な東部戦線が舞台となる。
小説『また、桜の国で』にも、ポーランドのレジスタンス(Armia Krajowa アルミア・クラヨーヴァ、略称: AK)の戦争孤児達が中心のイエジキ部隊が描かれていたが、AKは地下組織として沢山の分派がおり、その中には当然ユダヤ人を嫌っているポーランド人たちが沢山いた。その闇の部分も描いているし、悪名高きアインザッツグルッペ(移動虐殺部隊)や恐怖のウクライナ義勇兵部隊(補助警察、ディルレヴァンガー部隊など)、戦争末期の少年兵、赤軍の虐殺強姦など、これでもかというくらい過酷な戦争を描いてくれている。
本当にドイツ的な反戦を込めた戦争映画なので、辛いし落とされるが…これこそが戦争なんだよな…と思う。ホロコーストの描写が触りだけで、見ている側としてはこれ以上辛くなりたくないので、むしろよかった。
こちらもとても良い作品。
「数えているか?…殺した人数だ。」
「……いいや。」
「12人だ。…12人殺して……誰も救っていない……英雄のつもりが、今やクソ野郎だ。」
(劇中の会話より一部抜粋)