2018/08/07

村上さんの35歳問題と冒険者たち

さて、また前回の続きだが、
轆轤をしながら、いつもの国際政治解説(ネット)を見ていたら、韓国経済学者の浅羽先生が話題にしていた村上春樹がこだわっていた”35歳問題”。
気になり調べてみると、…あったな、そんな話。
35歳より半分以下の歳で読んだ村上春樹の短編”プールサイド”に出てきていた。人生の折り返し地点を認識した中年の悲哀に、何だかわからずも胃に強い圧迫を感じた遠い記憶がよみがえる。(いや、相変わらず話の内容はあまり覚えてないのですが…やれやれ)
”35歳になった春、彼は自分が既に人生の折りかえし点を曲がってしまったことを確認した”(文中より)
“プールサイド”に出てくる”彼”は、やりがいのある仕事、社会的地位、高い収入、美しい妻、健康な肉体、かっこいい車、若い恋人…公私共に順風満帆な生活を送る元水泳選手。
彼は、35歳をプールで言う所のターンする地点、つまりは人生の折り返し地点と決めていた。
そして、全てを手に入れている35歳の誕生日を迎えた日曜日の朝、アイロンがけをする5歳下の妻を見て、ラジオから流れるビリー・ジョエルの唄を聞きながら何故か10分間だけ涙する。
”もし水泳競技にターンがなく、距離表示もなかったとしたら、400メートルを全力で泳ぎきるという作業は救いのない暗黒の地獄であるにちがいない。ターンがあればこそ彼はその400メートルをふたつの部分に区切ることができるのだ。<これで少なくとも半分は済んだ>と彼は思う。次にその200をまた半分に区切る。<これで3/4は済んだ>。そしてまた半分・・・・・。という具合に長い道のりはどんどん細分化されていく。距離の細分化にあわせて、意志もまた細分化される。つまり<とにかくこの次の5メートルを泳いでしまおう>ということだ。(中略)そのように考えればこそ、彼は水の中であるときは嘔吐し、肉を痙攣させながらも最後の50メートルを全力で泳ぎきることができたのだ。”(文中より)
村上さんがこの短編を連載していたのは34歳くらいの時だと思う。
概要はわかったし、なんとなく覚えている。それに、この短編を話題にしている人が多い(検索すればすぐに出る)。だけど、この”10分間の涙”の詳細な訳がはっきり思い出せない。(私が話の内容を覚えていないから悪いのだけれど…)
『老い』という抗しがたい力への不安からとか、すべてを手に入れ、これ以上何を求めるべきか分からなくなったから泣いたとか…
浅羽先生が、話題にしたのはたしか、35歳を過ぎたあたりで『できたかもしれなかった』という仮定法過去の総和が、『過去の記憶や未来の夢(直説法過去・直説法未来)』の総和を上回ることで悩ませだすという人生観の問題を言っていた。どんな成功を収めている人間であっても、人は過去の亡霊(タラレバの世界)に捕われて生きていくことになるという。
これは、臨床心理用語にある『ミッドライフ・クライシス(中年の危機)』の事だと思う。
別の名で『中年ブルー/中年の思春期』…仮定法過去の亡霊以外にも、たとえば今まで価値があったものに対して価値を見いだせなくなったり、今までの生き方に関心を失い始めたり、あるいは、突然、原因不明の身体的症状に悩まされたりすることで起こる。
しかも30代~40代(50代)において半数以上の人が多かれ少なかれ経験しているという。ひどいと鬱病やアルコールやドラッグ、セックスなどの依存症になったりもする。
非常にわかりやすい特徴があったのでここに引用しておく(男性だけで申し訳ないが…)
男性は、急にジムに通いはじめて体を鍛える、若い女性との不倫や遊び相手を探す、といった性的な行動に走りやすい傾向が高い。
また、以下のような症状も『ミッドライフ・クライシス』にあてはまるらしい
・アンチエイジングに興味をもつ、髪型を頻繁に変える
・転職や起業、独立を考えている
・新しいスポーツや珍しい競技をはじめる
・海外に滞在したいと考える
・最新のガジェットを常に追いかける
・同窓会や社会人サークルを主催するようになった
・Facebook、Twitterを始めた
村上さんは同じように、”遠い太鼓”というエッセイで
”40歳というのはひとつの大きな転換点であって、それは何かを取り、何かをあとに置いていくことなのだ、と。そして、その精神的な組み換えが終わってしまったあとでは、好むと好まざるとにかかわらず、もうあともどりはできない。(中略)それは前にしか進まない歯車なのだ。僕は漠然とそう感じていた。(中略)だからこそそうなるまえに、――僕の中で精神的な組み換えが行われてしまう前に――、何かひとつ仕事をして残しておきたかった”(文中より)
34歳から始まった『ミッドライフ・クライシス』に蹴りをつける形で、37歳でヨーロッパ移住を思い至り、そこで”ノルウェイの森”を書き上げるという、お手本のような人生を送っている。
英ガーディアンや米ワシントンポストによると、他の年代よりも、『ミッドライフ・クライシス』の年代の人たちの幸福度と満足度が低いことを報じている。生活満足度と年齢の関係を示す下記のグラフはU字曲線を描いている。これは、ゴリラ、チンパンジー、オランウータンなどの大型類人猿でも同様のU字曲線になっているという。
↑『51カ国(欧米)の無作為で選んだ130万人を対象に約20歳~90歳までの心理的幸福感を7つのデータセットをもとに調査したグラフ(The Washington Postより)』
欧米男性の『ミッドライフ・クライシス』的三大症状を挙げると、2シーターのスポーツカー、オートバイ、愛人(離婚に発展する場合も)らしい。ちなみに村上さんの車も2シーターのオープンカーだそう。
『ミッドライフ・クライシス』について、ポジティブな記述もネットにあった。
“この時期に問題や症状が生じたら、それは新しい自己実現のための病だと考えられるのです。これに直面しないでいる限り、その問題なり症状なりに、悩まされ続けることになりますが、勇気を持って立ち向かい、これを乗り越えると、それは新しい可能性や創造性への飛躍につながります。したがって、「中年の危機」は意義深い停滞と言えますし、またこの危機はきわめて「正常」なものであるとさえ言えます。
ユングが1929年に研究所での講義中に次のように言った記録が残っています。「年をとれば、自分自身や世界などの両義性を知ることがきわめて重要になってきます。疑うことは知恵の始まりです。人生の価値を疑い始めることはきわめて重要であり、そうして世界の錯綜から自らを解放することができるようになるのです。若い人たちは疑いの中で生きることができません。人生に対して深刻な疑いをもてば、世界に入っていけなくなります。しかし成熟した人は世界からもっと分離すべきです。人生の半ばをすぎれば、それは完全に正常なことです。」
エレンベルガーという精神科医は、フロイトやユングなどの深層心理学者の人生を調べ、「創造の病(creative illness)」という考えを提唱しました。偉大な創造的な仕事をした人は、中年において重い病的体験をし、それを克服した後に創造活動が展開されるというのです。この考えは、他の学者によっても多くの跡づけがなされ、中年における身体的病気や思いがけない事件などもそのような意味を持つことが明らかにされました。
この「危機」を乗り越えようとする過程で多くの人が体験することのイメージとして、「夜の海の航海(night sea journey)」があります。心が暗闇の中にあって、出口の光が見えず長らく低迷する状態です。しかし、航海がそうであるように、いつかは闇の世界から脱出する時が来ます。”(“分析心理ドットコム”より)
それに、ウォールストリートジャーナルでは、”中年時の心理的不安は現実とはならない場合の方が多いことを示す調査結果が増えている。”と報じている。”マサチューセッツ大学アマースト校で1965年から2006年までの大卒者450人以上を調査しているクロース・ホィットバーン教授(心理学)は「ミッドライフ・クライシスはよく言われることだが、それを裏付ける証拠はあまりないのが実態だ」と話す。”また、”コーネル大学(ニューヨーク州イサカ)のエレイン・ウェジントン教授(社会心理学)によると、当初の研究では、ミッドライフ・クライシスは成人の心理発展過程における予期できる1つの段階としてとらえられたが、人口バランスを考慮したグループを対象にした最近の研究は、その見方を大方否定するものになったという。”
↑「自分は幸せだ」と応えた米国人の比率、年齢別(The Wall Street Journalより)
ブランダイス大学のマージ―・ラフマン心理学教授の調査によると”人生は40代半ばから良くなる”という、”40代から60代の人間は「若い人間に比べて日々のストレスを上手く管理する手立てと経験を持っている」”ので、”「対応能力のチャンピオン世代だ」”であるため、”人生の満足度は40代から50代にかけて急上昇し、さらに50代から60代にかけ再び上昇する。”のだそうだ。
”「新たな自由と可能性」”がある”中年は「人生の驚くほどの前向きな時間だ」”と締めている。
“プールサイド”を読んでから20年近くたって、実際、その歳になっても、何も感じなかった。
平均値にすら至ってないからなのか、燃え尽き症候群になることもないのかもしれない。それに、我々の世代は逆に、折り返す前の方がずっと生きづらかった人の方が多いのではないのかな。
老婆心で、いま生きづらいと感じている若い人に会うと、大丈夫だよ、少なくとも30代は、今よりずっと楽になるからと言いたくなる。
欧米と日本は少し違うと思う。例えば、平成20年度の『国民生活白書』(下記のグラフ)によると、”(日本での)推計ではU字型にはなっておらず、67歳を底にして79歳にかけて幸福度はほとんど高まらないL字に近い形状を取っており、アメリカの結果と比べても我が国は特異と言える。”らしい。
でもこれも、時代背景や世代によってずいぶん違うと思う。今は、もしかしたら山型になっているかもしれないし…
それにはじめに添付したワシントンポストの幸福度U字曲線グラフも、2015年のガーディアンの記事によれば、すべての国に当てはまるものではなく、”旧ソ連や東欧諸国(アルバニア、ブルガリア、リトアニア、ロシアなど)では、子供の幸福は西よりも著しく低く、年齢とともに着実に低下しているし、ラテンアメリカとカリブ海での生活満足度は、幼い頃はかなり高く(西よりも低いが)、そこから再び悪化するし、アンゴラ、カメルーン、エチオピアなどのサハラ以南のアフリカ諸国では、人生全般にわたって低いままだという。”
なんか、すごく長くなってしまったな…。こういうところが、オタク傾向が強いんだろうな…。
35歳問題というものは、まだわからないが、年齢的な区切りはなんとなくある気がする。例えば、24歳とか32歳とか、自分の感覚の変化に戸惑った記憶がある(いや、戸惑ったなんて生易しいものではなく、愕然とした)。日本人だと、精神的にも肉体的にも変化があるのが、だいたい厄年になるというのもよく聞く。
浅羽先生が、イズムィコ先生(35)にその話題をふった時に”フリーランス、40歳の壁”という本の話をしていた…それも、『ミッドライフ・クライシス』にあたるんだろうし、女性だと更年期障害もその一部に入るのだろうな。それを思うと、上手に乗り切った村上さん(69)をお手本にしたら、一番いいのではないだろうか。
村上春樹といえば、面白い漫画のツイートを見つけた。
第一弾~第三弾まであります↓↓




5日に、TOKYO-FMで『村上RADIO』なる村上春樹がラジオDJをする番組があった。radikoのタイムフリー機能で、昨日、聞いていたのだが、走るのによい音楽をいくつか選曲していた。
”走るときに適した音楽は何かというと「むずしい音楽はだめ」ということですよね。リズムが途中で変わるとすごく走りにくいから一貫したリズムで、できればシンプルなリズムのほうがいい。メロディがすらっと口ずさめて、できることなら勇気を分け与えてくれるような音楽が理想的です。たとえば、そう、こういうのを聴いてみてください。【選曲♪Brian Wilson”Heigh-Ho / Whistle While You Work / Yo Ho (A Pirate's Life for Me)”】”(村上RADIOより)
それを聴いて、モンクをiPodで聴きながら島でペンキ塗りをしていたことを思い出した。ペンキ塗りとJAZZもなかなか相性がいい。走るのと似ているのかな。まだ来ぬ『ミッドライフ・クライシス』予防に走ろうかな。。。いや、ペンキを塗ろうかな。
どうでもいいけど、村上春樹の小説には、ユング的な思想がしょっちゅう出てくる気がする。興味を持て学んだこともないのでユングを否定も肯定もしないが、少なくともユングもフロイトもアドラーも真偽のほどはわからないが多くの人が関心を持つことで、行動様式の総体にはなりうると思う。マインドコントロールに近いけど。

2018/07/28

闇深きクーポン問題と春樹の35歳問題

前回の続きになるのだけど、
私が見ていた婚活ブログ(男性)のURLを教えたら、友人がそのブログにはまっていた…
細かい心理描写など書きつつも、文章が淡々としていて読みやすいので、ついつい読んでしまうのはわかるが、メンタルが強くないと読み続けられないと思う。
彼(ブログ主)について、ブログを引用しつつ議論していたのだが…(暇人です)
その1つにこんなくだりがあった。
俗に言う、クーポン問題である。
繊細な日本人が若かりし頃に(中年でも?)一度はぶち当たるこの問題。
はっきりと言いますが、
こんなことをネチネチ考えているのは、日本人くらいです。
イギリス人とかカナダ人とか、みんな積極的に使っています。
そもそも、(写真内の文中にもあるが)日本での、クーポンとマイレージのカースト的な格差もそうだが、有色カード優待は、むしろ神聖視されている。
すべては、バブル世代の見栄が見せる幻想です。
あと、”クーポン”って名前が良くないと思う。
そもそも”coupon”は、フランス語から由来するらしく、英語の発音もほぼ同じである。
しかし、カタカナの字面と日本語発音だと、明らかに半濁音がチープ感を漂わせている。
例えば、濁音に変えて英語っぽく”キューボン”とかにしてみただけで、一気に高級感が出るんじゃなかろうか。(今思ったけど…なんかキルフェボンっぽい…)
とはいえ、
1つだけ言えるのは、いろんな価値観の人がいるので、
もし、スマートな自分を演出したいならクーポンは控える(もしくは気づかせない)のが無難なんだろう…
(※もっとも面倒くさい年代である35歳〜45歳くらいの女性が相手の場合は、特に。)
たまたまネットニュースを見ていたら、偶然見つけたのだが、
もし婚活の参考にするならば、彼のブログより、こちらの方がずっと参考になるんじゃないかと思う

Web版 AERA の記事…(完全なるオヤジジャーナルっぽい)
木嶋佳苗被告「男たらし」の超絶テク(上)
 (上・中・下と続く…)
この記事内で検証コメントしている人の謎セレクション…
…”全国童貞連合会長”って、初めて聞いたよ…どこから見つけてくるのだろうか、
… “太め女性恋愛応援カウンセラー”とかさ…
あと、”出会い系サイトで働いた経験のある女性”ってサラッと書いてあるけど、完全にサクラさんのことですよね…

ツッコミどころ満載だけど、内容を読んでみると、
やはり、先日の70歳の詐欺師より、ずっと上手の木嶋被告の応対は、同性の私でもグッとくる。
あと、1つ気になるのが…
罪は償うべきだと思うが、ネット上での彼女の外見に対する攻撃的でネガティブな発言が目立つ。
所謂美人ではないが、ネット上にあるポーズした写真など、タイプではないが普通に綺麗だと思う。
逮捕時の写真を見て、他人がどうこう言うのはお門違いな気がするし、
それこそ私のパスポートの写真なんか、凶悪犯にしか見えない上に、ポーズしても子供にしか見えない。
もう10年近く前の事件で、今はもう死刑判決が確定しているが、獄中でさえ結婚と離婚、そして再婚までしていて、今は木嶋という姓ですらない…もうこれは本当にすごいと思う。
しかしこの事件で私が一番印象に残っているのが、練炭殺人や婚活詐欺ではなくて、”ル・クルーゼ”なんだけどね…
マスコミのせい(?)で一時期、家にあるル・クルーゼを見るたびに彼女が連想させられ、しかも、ル・クルーゼは、鍋自体が結構重いので、これも鈍器になるよな…とか考えてしまうほどだった。
またこの事件は、状況証拠だけで死刑判決が出た裁判としても有名だが、最近の死刑執行に疑問が残る分、後味が悪くもあるのだけど…
どうでもいいが、詐欺師の方々は、純粋で誠実な人を騙さないで、悪い人をカモにしてください、ホワイトハッカーみたいに。
あ、35歳問題について書こうと思ったら、木嶋事件を書きすぎてしまった…
タイトル詐欺みたいですが、35歳問題は後で書きます。(たぶん)
ちなみに彼女が捕まった年齢も、35歳でした。

2018/07/24

申し訳ないが、それ珍事件でしょ・・・

婚活が、自分の中で、にわかにブームになっている
…"にわかにブーム"とか言ってないで、お前がやれよって話でしょうが…
世のため人のため迷惑かからないように空気を読んでの英断です。

私はさておき、巷では周知の単語であるが、周りでも割と利用していて、実際、幸せになっている人もいる。
知ってはいるが、見たこともなかったので、婚活サイトを実際に見せてもらったのだが、

これが、意外に楽しい。。

プロフィールを見て、その人の人生や生活を想像しながら、ひと月くらいはそれで楽しめそうである。
そもそも、友達がいなくて、LINEとかもほとんど鳴らないので、 友達作れたりするかな…とか既に意味不明なことを考えているのだけど…

サイトにもよるみたいだが、見せてもらったものは、
自己紹介文とか、キーワードをある程度入れると、すごく感じよく自動的に作ってくれるらしい。 で、名前は愛称などで、顔写真すら載せていない人もいる。
それじゃ、何にもわからないよな、とも思うが、顔じゃなっくても、風景や食べ物などの写真だけで趣味やセンスはうかがえたりもする。
 逆に、はっきり言って、 明らかにキャバクラで写した写真を加工しているだろうプロフィール写真もある。


でも、結局、何もわからないんだろうな、と思ったのが先日のニュースである

申し訳ないが、この70歳の容疑者が連行される時のふてぶてしささえ感じる(あるいは物忘れのふりの一環なのか)ほくそえんだような顔と彼のやり口をみて、ちょっと滑稽に見えてしまった。
もちろん被害を受けた女性には、同世代なこともあり非常に同情しますが。

逆に、大昔から結婚詐欺というものは存在していて、昔よりも今の方がずっと簡単に騙せるのではないかと思う。
昔は、ある程度の外見と資本金が必要だったが、今は70歳の爺さんでさえ高学歴イケメン大手企業勤務、白金台在住になるわけだ。
しかも、会わなくてもいいなんて…完全にイケメンのゲームアプリだよ…

だったら、私だって、長身高学歴イケメン大手外資系海外勤務ニューヨークに持ち家アリのチャイニーズアメリカンとかになりすませるよね…
いや、競う所ではないが・・・

で、なんとなく検索していたら、今、婚活ブログって掃いて捨てるほどあることに気づいた
すごい…このサイトをしている人たちがサクラではなく、ちゃんと結婚したい人であるならば、婚活ブログを書いている人同士がくっつけばいいのではないかと思うくらいだ…
それに、そのブログを見て共感して、自分こそはと名乗りを上げてくる人とかいるんじゃないかと思うのだけれど…

結婚とは、そんな簡単じゃないのだよ。。。と、また周りから呆れ気味にたしなめられてしまいそうだが…

適当に概要だけ読んで、面白そうなのないかな~って見ていたら
30代前半の研究職(男性)の方の婚活ブログに行きつき、読んでいたら面白くて、そのまま読みふけってしまった。
とにかく、彼の性格なのか婚活ブログってそもそもこういうものなのか、あまりに細かく内情や心情を綴っている…それ本当の話なら、これを読んだ相手の人はどんな思いをするのだろうかと思う…たとえ仮名であったとしても。
謙虚に見えるように悪口にならないように気を付けて書いているみたいだが、私がそんな風にネットに晒されたらデスノートにキミの名前を書いてしまうよ…と思う。

しかしなかなか勉強になった。というか、身につまされる思いがした。
何にって、お会いした女性に対する彼の分析を見て、あぁ、こういう風に他人には映るのかと自分の態度を反省する。
婚活やお見合いは、恋愛と違うので熱に浮かされずに、冷静に、かつ非常に注意深く相手を観察しているので、
好意(恋愛だけではなく友愛も入れた意味での好意)を持たれていない初対面の人や赤の他人には、私の様々な行動は奇行に見えていたことが判明した。

しかし、彼のブログは感想や心情描写に、非常に性格がよく出ている気がする(いや、彼をまったく知らないですがね)、というか、人間観察の仕方や考え方、こだわりみたいなのが、私と近いものに感じたのだけど…たぶん、少しひねくているんだと思う(独断)。
が、だからこそ、ぜひ幸せになってもらいたいですね。

まーでも世に数多ある婚活ブログが、まじめとはいえ、報告と称して相手のことを事細かにネットに晒して、誰とも知らない多くの読者と共に、知らない間に人間観察のモルモットにされているのであったら、純粋に結婚したい人たちにとって、人権侵害にはならないのだろうかと思う。

むしろ、お相手の事を晒す婚活ブログをするなら、ブログ主は実名でするのがせめての礼儀なのではないだろうかとも思うのだけど…

でも、それだけブログが存在するということは、結局ニーズがあるってことなんだろうな。
それに婚活という活動が、いかにストレスフルなんだろうと思う、疲弊しきった心の吐露に、ブログで愚痴の一つも言わなければ、やりきれないのかもしれない。
彼のブログを寝る前に小一時間くらい読んで、胃が痛くなってきたので、うなされながら寝たが、気の弱い私には、悪気なく他者をジャッジする言葉たちにもう結構お腹いっぱいになりました。
写真:クラクフ(ポーランド)カジミェシュ地区

2018/07/16

ドイツ旅日記 まとめ ①〜⑳(+番外編)

Trip to Deutschland.
June.4~June.23.2018
ドイツ旅行2018年6月4日~6月23日


◆June.4◆6月4日
http://fukuchiayako.blogspot.com/2018/07/64-hnd-1405-64-fra-1845-1140.html

◆June.8◆6月8日
ドイツ旅日記⑤ 6/8 ヘルマンがいない間に…Fumi(Japanese restaurant) @ Deidesheim
http://fukuchiayako.blogspot.com/2018/07/68-fumijapanese-restaurant-deidesheim.html


◆June.9◆6月9日
http://fukuchiayako.blogspot.com/2018/07/69-weinfest-hambach.html


◆June.10◆6月10日
http://fukuchiayako.blogspot.com/2018/07/610-on-sunday.html


◆June.11◆6月11日
http://fukuchiayako.blogspot.com/2018/07/611neustadt.html


◆June.12◆6月12日
http://fukuchiayako.blogspot.com/2018/07/612-pfalz-bayern.html


◆June.13◆6月13日
http://fukuchiayako.blogspot.com/2018/07/613kempten.html


◆June.14◆6月14日
http://fukuchiayako.blogspot.com/2018/07/614.html

◆June.15◆6月15日
http://fukuchiayako.blogspot.com/2018/07/615-nebelhorn.html

◆◆番外編◆◆
http://fukuchiayako.blogspot.com/2018/07/blog-post_15.html


◆June.16◆6月16日
http://fukuchiayako.blogspot.com/2018/07/616.html


◆June.17◆6月17日
http://fukuchiayako.blogspot.com/2018/07/617.html


◆June.18◆6月18日
http://fukuchiayako.blogspot.com/2018/07/618.html


◆June.19◆6月19日
http://fukuchiayako.blogspot.com/2018/07/619-kaiserslautern.html


◆June.20◆6月20日
http://fukuchiayako.blogspot.com/2018/07/620.html