2018/01/25

山形で、また少し作品を取扱ってもらいます。


東北芸術工科大学の卒業制作展に合わせて
また、
学生会館1階 TUAD STORE
で、作品を一部取扱ってくださるそうです。


会期:2018年2月6日(火)~2月12日(月・祝)


雪深いとは思いますが、卒業制作展をお越しくださった際にでも、
ご興味あればお立ち寄りください。


2018/01/13

西川くんがっ!!

あの、ほんと、勝手になんですが、
個人的にとても嬉しかったので、
なんの足しにもならないけど、ここで宣伝します
嫌がるかな…

我らが西川くんが、
今回、アニメ”宝石の国”のコンセプトアートを手がけていたのだけど、
毎話エンドカードは、全部彼の作品でした
https://matome.naver.jp/m/odai/2150865104184140701
まとめサイトがあったので
これ、全部手描きですよ。て・が・き!!

その、宝石の国コンセプトアート集が出るのです!(インタビュー付き)
リンク先↓
https://orangecg-store.net/items/5a34ff37f22a5b4fb4000d65

しかも、有楽町マルイで宝石の国展やるのです
彼の原画もでるみたい
イベントのリンク先↓
https://www.0101.co.jp/smp/403/info/?contents_id=5224

本当に彼には迷惑だと思うけど、
私、いつも西川くんのことをどこに行っても自慢にしている 笑
我が物顔でごめんよ、西川くん


大概、彼が関わっているアニメは、知る限りは映画も見に行く
陰ながら、ほそぼそと応援している

彼は、大学の同期なんです
近年は、お母さんにお会いする機会があったのだけれど、
私の携帯が壊れてすべての連絡先が消えたから、
仕事を邪魔するメールもできないんだけどね

元ジブリで、他のアニメ会社も経て、
今はフリーで色んな作品に携わっているみたいです
作品見るといつもドキドキする
背景がすさまじく綺麗な作品ばかりです
才能もだけど、努力もすごくて、それも知ってるから、とても尊敬している

ますます活躍していくんだろうな、すごいなぁ

それぞれのジャンルで周りで活躍している人は他にもいるのだけど、
彼の活躍がやたらと嬉しいのは、なんでだろうと考えていて、

同じクラスだったことや、アニメーションが好きなのもあるが、
やはり努力と共に色んな人の才能が合わさって1つの作品ができ、
顔も知らない老若男女たくさんの人を感動させれられるからかなと思う

なんとなく画家や陶芸家とは、別次元のものに感じる

しかも、顔や名前が出ないクリエイターだからかな
アニメだからっていうのもあるけれど、基本は制作側は作品のエンドロールにのるだけ、
今や美術監督とかになるから名前や顔はでるかもしれないけれど、
原作者やキャラクターデザイン、監督などに比べると、あまり前に出てくることもない
背景となると、よほど好きな人しか情報を知り得なかったりする

でも、チームで作りあげる1つの作品の中で、
その人にしかできない仕事だったりするんだから、
純粋にすごいかっこいいんだよな

ただ、肉体労働だから、身体だけは、本当に気をつけてほしい…

単なるファン目線で、すみません 笑

職業に貴賎はないとは言うけれど、
偉大な科学者でも、人を救う聖職者でも、偉いという大臣でもなく、
私のごく個人的えこ贔屓は、
独創的な未知の世界を創り、国を超えて沢山の人を感動させれる職業に、
ひとつ抜けた尊敬と感謝を覚える

でもやっぱりこの思い入れは、単純に
失敗した窯出しの時の記憶のせいかもしれない…
本人は忘れていると思うが…

2018/01/05

日根さん。

“ 生きることだけが、大事である、ということ。たったこれだけのことが、わかっていない。本当は、分るとか、分らんという問題じゃない。生きるか、死ぬか、二つしか、ありやせぬ。おまけに、死ぬ方は、たゞなくなるだけで、何もないだけのことじゃないか。生きてみせ、やりぬいてみせ、戦いぬいてみなければならぬ。いつでも、死ねる。そんな、つまらんことをやるな。いつでも出来ることなんか、やるもんじゃないよ。”
(坂口安吾”不良少年とキリスト”より)


いま、日根さんという方が朗読して下さっているものをYouTubeで聴きながら仕事をしている

日根さんは、青空文庫(著作権が切れた本)の朗読をアップしてくれている方で、
声が良い上に、朗読が上手く、とても聴きやすい
読み方に少し癖があるのだが、それが味で、妙にクセになってしまった
本当に素晴らしくて、とても有難い。

日根さん、ありがとうございます!
(全然面識がない方だけど…感謝)

そこに、坂口安吾の”不良少年とキリスト”があったので聞いていたのだが
タイトルから小説と思いきや、太宰治の追悼文だった

これは、良い

フツカヨイ”のような文章からは、あまりに溢れ出る太宰に対する愛情がダクダクと伝わってきて、それ故の自死へのやるせなさから、もうひどく腹を立てていて、感情の筆圧が胸を締め付けてくる

何回も聞いてしまう

安吾もまた、これを書いた時、
太宰の死で、さらに酷くなったヒロポンやゼドリン中毒で酩酊状態だったのかもしれない
(※ヒロポン・ゼドリン=戦中戦後に普通に売られていた覚醒剤。当時の扱いは今のリポDやチオビタみたい感じだが、成分はメタンフェタミンやアンフェタミンなので完全な覚醒剤)


去年、80年前にかかれた吉野源三郎の”君たちはどう生きるのか”が話題になっていたらしい
本屋で平積みされているのを見てビックリした

この本は、5、6年前にたまたま読んでいて、ブログに感想を書いていた
(『コペル君と』←ご興味あれば、どうぞ)

この時は、一緒に読んでいた梨木さんの本が個人的に衝撃的すぎて、なんとなく印象が薄い…
だが、浦川くんの油揚げの場面だけは、家の造りまでやたら詳細に覚えていて、
あの場面は、なんの本だったかな…と時々考えていたので、タイトルを見たときに、思い出せて年末にスッキリした

名著ではあるが、なぜこのタイミングで話題になりベストセラーになるのか理由はわからないのだけど…(テレビとか著名人の影響かな?漫画も出たから?)

皮肉を言えば、本の内容が内容だけに、マスコミ(?)に扇動されてベストセラーになるところが、なんとも悲しい人の性である…

そして、読み終わった時点で、自分が扇動されていたことに気づいて、理由や目的を考えたくなれば、読者として正解なのかな?笑

ちょっと意地が悪かったか…

戦後に出た坂口安吾の”堕落論”も、短いが、この本と同じようなことを書いている

“生きよ堕ちよ、その正当な手順の外に、真に人間を救い得る便利な近道が有りうるだろうか。”(“堕落論”より)

“堕落論”にしても、”君たちはどう生きるか”にしても、普遍的金言ではあるが、戦争を生きたあの世相ありきのところもあると思う

いまの日本にいる”僕たち”には、
どう生きるか、という、人としての生き方の指南よりも、
生きてやろうじゃないか!、という根本的な意志の部分が必要な気もする

だから、

“歯がいてぇーんだよ、コンチクショウ!”
(意訳「なんで本当に死にやがったんだよ、オオバカヤロー!」)

と、友人の死を悼む皮肉屋の愛情溢れた言葉の方が余程胸にくると思うのだけど


冒頭の部分だけ読むと、坂口安吾は強い人だと思うかもしれないけれど、
優しいし弱かったと思う
というより、もう生き方がめちゃくちゃだった。
あの頃の世相や文士がそうだと言えばそれまでだが、
安吾はゼドリンやアドルム(強力な睡眠剤)の過剰摂取や酒と薬の飲み合わせの中毒で何度も生死をさまよっている
ただ彼の場合は、死のうとしてではなくて、生きようとしてそうなっている感じなのだけど…

安吾巷談の”麻薬 自殺 宗教”という、ひどいジャンキーエッセイを読むと、『ダメ!ゼッタイ!』の人たちが発狂するだろうな…
ま、すごいことにネット上で、今や誰もが読めるのだけど…そして、残念なことに(?)すごく面白い

以前、バンクーバーのホームレスにちなんでドラッグについて少し書いたが、
(『ここにいることを考えてみる(vol.13)』←ご興味あれば、どうぞ)
(http://fukuchiayako.blogspot.jp/2014/10/vol13.html?m=1)
シドビシャスに憧れてジャンキーになった人のように、私の場合は、中学生の時に安吾を読まなくて本当によかったと心から思う。

その頃、”トレインスポッティング”は観ていても、映画にハマるキッカケにはなったが、ドラッグに興味がいかなかったのは、簡単に言うと、たぶんファッション”と生き様”の違いだと思う

ま、坂口安吾の作品が教科書にのることは、ないだろうしな
そろそろロクな人間”の諦めもついたし、時間ができたら、まとめてエッセイ読もうかな


“然し、生きていると、疲れるね。かく言う私も、時に、無に帰そうと思う時が、あるですよ。戦いぬく、言うは易く、疲れるね。然し、度胸は、きめている。是が非でも、生きる時間を、生きぬくよ。そして、戦うよ。決して、負けぬ。負けぬとは、戦う、ということです。それ以外に、勝負など、ありやせぬ。戦っていれば、負けないのです。決して、勝てないのです。人間は、決して、勝ちません。たゞ、負けないのだ。
 勝とうなんて、思っちゃ、いけない。勝てる筈が、ないじゃないか。誰に、何者に、勝つつもりなんだ。”
(坂口安吾”不良少年とキリスト”より)

話は戻るが、
日根さんは、吉川英治の三国志も朗読してくださっている
三国志だけで総時間120時間くらい!
本当に素晴らしいですね
ちなみに、現在は私は、臣道の巻に入るところまで聞いたので、約30時間は聞き終わった感じかな
見開きが漢字の羅列であろうに、本当に大変だったと思う

私みたいな非頭脳労働の生産者にとっては、日根さんという存在を見つけた時のトレジャー感は、半端なかったです


2018


いま、年賀状を書いています

本年も宜しくお願い致します


ブルマーについて、鼻息荒く語ったまま年を越していたことに、今気づいた…

2017/12/13

はみパン

パン屋さんでパンを買っていたら、なんとなく頭に浮かんだけど
今の子はしらないんだろうな

はみパンって、ブルマーの下からはみ出てるパンツの略称だけど、
それを説明すると、なんともえげつない

が、音の響き的には、とても好ましいと思う
はみパンってパンがあったら、絶対かわいいだろうな…
むしろ、すでにありそうだけど

“おしりパン”は、いまやどこの店でも恥ずかしげもなくあるのだから、
“天使のはみパン”とか、どうだろうか。

あ、そもそもブルマーが、もうわからないのか!
ブルマー
今は、ポリエステルが主流なのかな
たしか、、昔は綿100%だった気がするけど気のせいかな

いや、ある界隈では未だに絶大な人気を誇っているとは思うけれど…

小学生の頃、絶世の美少女(だと私は思っていた)◯岡さんの体操着が行方不明になっていた

なくなると学年でなんとなく探すような感じで、ザワザワするけれど、
実際に見つかったのか見つからなかったのかは、よくわからなかった
私が、そのことに興味がなかっただけか、うやむやにされていたのか…

でも、今思うと、盗んだのは(窃盗を前提にするが)、生徒じゃなかったんじゃないかな…
いや、こんなこと言ったら、問題になるな…

そもそも体操着の窃盗の元凶は、ブルマーではないかとさえ思う

ブルマーが廃止されてからの、体操着の学内での紛失は、減ったのではないだろうか…(いじめ以外では)

可愛い子のブルマーたがらこそ価値があり、半ズボンやジャージじゃ、全く意味が変わる気がする

コレクションにするにしても、転売するにしても…

ブルセラ全盛期だったし
(ちなみに、ブルセラの語源はブルマーとセーラー服)
今のJKビジネスとは、趣が違うとは思うが
90年代初頭までは、特に未成年の商品化に対する法律がザルだったので、ありとあらゆることが白昼堂々行われていた気がする、アンダーグラウンドでは、マニアックさ極まれり
事件にならないと法律はできないので、それ以降、固まってきたが

あ、ブルセラってのも、死語か…
わからない人が多いのかな…

ブルマーの魅力とは、なんなのかな?
もっさりした厚手の綿製や化繊の濃紺で、完全におばあちゃんのパンツみたいな臀部を完全に覆う形だけど…
愛好者に良さを詳しく聞いてみたいけど、まー名乗り出てはくれないか…

愛好者の統計は取ったことないが、たぶん、ブルマー世代や、それを目の当たりにした世代、つまり30代以上にマニアが多いのではないかと思う(偏見かな…)

20代とか10代なんて、ブルマーってハイファッションのショーのランウェイで見かけるだけのコンパクトなボトムってイメージで、セクシーとも思わないんじゃないかな
D&Gやサンローランも以前発表していたし


  
Saint Laurent
from Fall 2013-2014 Women’s Collection

Macgraw
from Resort 2017-2018 Women’s Collection

そもそも、刷り込みな気もするんだよな
体育の時間に、仄かな羞恥心をはらんだ可愛い女の子のブルマー姿を盗み見て、
背徳感を覚えていた少年や大人たちの、あの頃の未成熟な恋情や憧れ、罪悪感や哀愁が、歪に結晶化してしまったんじゃないかな…
つまり、ブルマー愛好の温床は、昭和の日本の学校教育なのでは…


美少女◯岡さんの小学生時代は、
私の知る限り、そりゃ大変な生活を送っていた

体操着などの紛失は一回ではなかったと思うし(イジメではなく)
登下校に、おじさんにストーキングされたり、手紙を渡されたりしていた…

美少女は、大変だなぁと、
完全に男子だった私には、違う惑星の話だったけれど…

宮崎勤の事件もこの頃だったし

そもそもパンツ型のブルマーの普及は、諸説あるが、
1964年の東京オリンピックの時に認知、賞賛され、
その後、爆発的に普及して国民的体操着になり、
1990年後半に入り、わずか約30年のブルマー家の栄華は一瞬にして没落する

上の写真の老舗学生服メーカーのトンボさんによると
いまや、ブルマーの生産量はピーク時の1000分の1
生産自体を廃止したメーカーは、数知れずだそう
国産品は、入手困難なのかもしれない…

もしかしたら、2020年の東京オリンピックで、
56年前の”東洋の魔女”の様に、うまくやれば
ブルマー家の復権も夢じゃないのかもしれない

でもたぶん、その時にまた新たな国民的体操服が生まれそうな気がするけれど…
おそらく時代の流れ的に、機能的で、ボディラインが極力強調されないユニセックスなものかな

ブルマー愛好者たちの頑張り次第ですがね
学術的にブルマー研究している人がたくさんいるみたいだから、ご興味あれば本など是非

にしても、
ブルマーとは、英語のスペルで”bloomer(s)”と書くのだけど、
bloom”って、花が咲くとか健康的に輝かしいイメージの意味で
動詞とかの語尾に”-er”が付くとだいたい、〜する人ってなるから
青春そのものな、本当に素敵なネーミングだなぁって思った

まぁ、昭和の日本の少年少女たちには、心にさまざまな傷を付ける結果にはなったが…

けど、実は普通に、ブルマーの発案者の1人であるアメリカの女性活動家のアメリア・ジェンクス・ブルーマー(Amelia Jenks Bloomer)さんから単純に取った名前なんですけどね

ちなみに、調べたらbloomerってスラングで、大失策とかヘマとかの意味もあるらしくて(blooming errorから来ているみたい)、名は体を表すというか、もう、この歴史は運命付けられていたというか…

なんか、上手いこと言った的な感じですが…

…えっと、、、
なんの話をしていたんだっけ…
あ、そうだ、このシュトレンには、マジパンを使っているか聞きたかったんだ

2017/12/10

”ムー”が好きならば

マイノリティーアピールで、テレビ見てないって豪語しながら、
実は、ネットで動画を見ながら制作していたりします、エヘヘ

今見ているのが”Stranger things “という海外ドラマ
(むしろ今更ですが…)


X-file”とかムー”とか好きな人なら絶対にハマる
ちなみに舞台は1980年代でSFなので30ー40代にはドンピシャでしょう
ウィノナ・ライダーも出てるし!(やつれ過ぎてて、最初気づかなかったけど…)
80年代映画を彷彿させる、完全に我々の世代がターゲットのドラマです

しかも、メインキャストの仲良し四人組+El(ヒロイン)がみんな超かわいい
オフショット
髪が一番短い子が、女の子
主役のMike役の男の子は、すごく綺麗なんだけど
中でも少しぽっちゃりした愛嬌のあるDustin役の男の子が、めちゃくちゃかわいい
食いしん坊だし、少し舌ったらず(下記の理由で歯がないからだと思う)で、クルクルのくせ毛で、仔犬っぽい
Dustin役のGatenくん

ちなみに、劇中で”鎖骨頭蓋骨異形成症”を患っているのだが、
役者をみてキャラクター作りをしているので、役だけではなく実際に同じ持病です

調べるまでこの病気を知らなかったのだけど、なんとなく紹介したくなったので

Dustin役のGatenくんのインタビューを抜粋

Gaten : “Cleidocranial Dysplatia”(鎖骨頭蓋骨異形成症)っていうんです。わずかな人が持っている、とても稀な疾患です。同じ症状を持っている多くの人に、(このインタビューを)聞いてほしい。生まれたときから、鎖骨がないという疾患なんです。同シリーズの最初のエピソードで、いじめっ子たちがダスティンに歯がないことをからかいますが、僕も同じ症状なんです。今のこの歯は、義歯。この疾患があると、歯や肩に影響があります。でも、僕よりももっと重い症状に苦しんでいる人がたくさんいます。僕は、何度か口腔手術を受けたのですが、なかには、脊椎や肩、顔、頭蓋骨の手術をしなければならないほど大変な人も多くいます。僕には痛みはないけど、特に弱っている膝や足首の痛みに苦しんでいる人もいます。多くの人が疾患を持ちながら一生懸命生活しているので、同シリーズの脚本家たちが実際に症状を描いてくれたことで、僕も助けられたし、同じ疾患を持っている視聴者も救われる気持ちになったと思います。そういう人たちからメッセージをもらって、涙が出ました。誰かが共感できるキャラクターを演じられたことを、とても幸せに思います。
Emmyの雑誌の表紙の写真
さすがのドレスアップ
cool!!
さて、シーズン2も観るかな
観たいリストの海外ドラマいっぱいあるんだよな

2017/12/08

人生の1時間半を捧げる




そんな価値のある映画を作ろうとした、『人生はシネマティック』

1940年、第二次大戦下のイギリスでの戦意向上のプロパガンダ映画制作の話

原題:Their Finest(Their Finest Hour and a Half)

やっぱりヨーロッパの映画っていいなぁ、って思うタイトル通りの映画。

台詞回しがすごく良かったし、
特徴的な台詞が何回か違う場面で違う人が使ったりしていたのだけど、
その中でなんとなく引っかかった台詞

ちなみに本職のうまい対訳は、全く思い出せないけど、
ネットから英文スクリプトを引用してストーリーを思い出してニュアンス超訳(すみません)


大家さんの奥さんが空爆で亡くなり、壁越しにその旦那さんが一晩中泣いていたのを聞いていた情報省のフィルが、答えを出せないでいるヒロインのカトリンへ向けて言ったセリフ

"It seems to me when life is so very precarious, it's an awful shame to waste it."
"いつ死ぬかわからないのだから、無駄にするのはすごく勿体ない。"

日々空爆があるロンドンで、死に直面しつつも、生きることに前向きな人たちの感覚は、現代日本人にとって本質的には理解できないと思う。
人生が限りある時間であることが、なかなか実感できなく、逆に(長寿の意味で)いつ死ぬのかわからないがために、無為に過ごし、失敗を恐れ、決断ができない昨今の日本では想像しにくい。



喪失感に囚われたカトリンを訪ねて行って、ビル・ナイが演じる老年の俳優が言うセリフ

"You and me given opportunities only because young men are gone. But to turn our back on those opportunities, wouldn't that be giving death dominion over life?"

"我々にチャンスが回ってきたのは、若い男たちが、(戦争に行って)いないから。そのチャンスをないがしろにするのは、生が死に囚われてしまっているんじゃないか"

偏った見解ではあると思うが、
以前、女性の社会進出と徴兵制の相互関係に触れていた人がいて、なるほどと思ったことがある。
また、たとえば、ルワンダなどは、内戦による大量虐殺で実際に男性が少なく、女性の社会進出が著しくなった国もある。

もちろん、1940年代の大戦下で、事実英国でそのようなことが起こったかは、わからないが、
戦後の数年、やはり人材不足からどこの国も復興のために表舞台に立てずとも活躍したのは、当然、生き残れた人たちだと思う



映画にとんと疎くなったので、わからなかったが、
相手役のサム・クラフリン、カッコよかったな
皮肉屋の英国紳士でファッションが好みだったんだけど

ま、ビル・ナイの役が一番良かったけれど

映画の中で制作していくプロパガンダ映画の題材は、ダンケルク"なのだが、

その年に起きた戦い(事件?)をすぐに扱うという速さが、戦時下の映画なんだろうなと思うのだけど、ダンケルクって負け戦だったはず…
救出作戦とはいえ、1940年代の日本では絶対にプロパガンダ映画に負け戦の題材持ってこない気がする
神風がやんじゃうし、負けてても勝っている風にするだろうし…
いや多分、今の北朝鮮をはじめ、そもそもアジア諸国は、プロパガンダに負け戦は使わないんじゃないかな…

戦争映画とホラー映画は、怖くて見れないから、見てないけれど、
クリストファー・ノーラン監督が、そのまんまダンケルクの戦いを題材にしたDunkirk"って映画が、今年の9月くらいに上映していたみたい

今年は、ダンケルクの戦いがブームだったのかな

本当は、"Paterson"を見るはずだったのに、先週に終わっていました…
もう、パソコンでみようかな…

でもこの映画はよかった