2014/07/17

食べ物を配ること (vol.4)

The food bankという非営利団体がアメリカで発足し、それが北米にも広がったのが30年前くらい
教会と市民団体が走りとなり、今や複数の団体で何種類かの大規模な運営がされている

スーパーや、農家など生産元からの販売できない余剰食品や期限が迫っている食品を寄付ないしは、格安で買い受けて、
食事の配給をしているシェルター、教会、community kitchenなどに食材を提供する

栄養価的に足りない食品群や品数が少ない品目は、普通に仕入れることになるのだが、かなり大量なため、安価で仕入れられることから

だいたい、そこへお金を寄付すると、$1が$3相当の食べ物に変わる仕組みになっている

ここには、超巨大な食品貯蔵庫があり、ものすごい数のボランティアが働いている

それと似たもので、quest food exchange というものがある
こちらも、上と同じで、生産元、卸売業者やスーパーの余剰食品を寄付や安価で買い受けると同時に、レストランなどからも引き取り、食事を配給している所に食材を提供するのと
あと、面白いので、ここと、ホームレス支援の大きな教会とが、quest food exchange not-for-profit grocery marketという非営利のスーパーマーケットを作った。
これは、thrift store(前回書いた)の食べ物バージョンみたいな感じで、かなり安価でスーパーで買えるモノとほとんど変わらない質と鮮度のものが買える
しかし、顧客がかなり限られていて、誰でもが購入できる訳ではないようで、
社会福祉サービスを受けている人などに限られている

このマーケットの趣旨は、誰もが自分で食品を自由に自分の意思で選択できる権利と手頃な値段で栄養のある食品を購入できる権利を尊重するものらしい

確かに選ばないなら、服も食べ物も無料で得られるが、
選択の自由の権利を尊重しているらしい
Thrift storeの場合も、これに当てはまるが、誰でも買いに来ることができる

さて、このようにフードバンクなるものが存在していることにより、
食べ物の配給が色んな所でなされているのだが、

実のところ、Vancouverのdowntown界隈だけで毎日3食調理した食事を出しているところが、10箇所以上ある気がする

下記にあるサイトは
$5以下ないしは、無料の食事を提供している場所のリストになる

https://www.google.com/fusiontables/data?docid=1yUbxho8jmiQzmX7m1kebf7eGJI7vaMVd7oexSZo#rows:id=1

赤い点のところがそうです。
集中してるところがHastings street

これによると宗教関連あるなしに関わらず曜日や種類に限定はあれど食事だけで112の施設が存在している(2012年の情報)

これのほとんどがHastingsあたりにいれば、徒歩でいける圏内である

これ以外にたとえば、

"食べませんか?"と声かけられて(ひもじそうに見えたのかな…)見つけたのだが...
毎週日曜の昼間に路上でテントを張り炊き出しをしているシーク教の方たちがいた

(シーク教とは、インド系で頭にターバンを巻いている人たちのこと。宗教勧誘とかではなく、普通にこれも支援の一環)

0 件のコメント: